新型コロナウイルス感染症の影響で外出自粛を余儀なくされ、在宅勤務をせざるをえないなかで、「テレワーク」が付くタイトルの書籍やメルマガなどが発刊、発行されもうています。

ものづくり補助金、小規模事業者持続化補助金、IT導入補助金などでは「テレワーク」での特別枠も設けられてています。

こうした社会の変化はこれからの「働き方」に大きく影響すると思われ、1980年代にはじまり、1990年代以降、政府も取組を発信していたテレワーク。昨今の状況など政府統計データなどを基に分析し、来るニューノーマル時代への取り組み方、また、タイトルにあるように「地方でこそ」の取り組み方をお話したいと思います。

日時:2020年10月13日 14:00~ ※個別相談会有